院長ブログ

2021.04.09

ラジオ出演

4月12日(月)~16日(金)で、YBCラジオ「ドクターアドバイスで今日も元気」に出演します。

お話をいただいたのは一か月ぐらい前だったのですが、初めてのメディア出演。このラジオ番組は僕もときどき聞いたことがあるのですが、僕レベルが出演していいのかな?という感じです。

いままで、某芸能人の手術ドキュメンタリーで2-3秒だけテレビに映ったことはありますが、出演というのは初めてです。収録で訪れたスタジオは、思ったよりも静かな雰囲気でした。

いろいろと喋りたいことはたくさんあるのですが、そこは素人の悲しさ、喋っている途中で言葉がまとまらなくなって話が中断というのが何回もありました。内容も喋りも、実際に聞いていただいて批評をいただければと思います。

収録以外でびっくりしたのが、山形放送内の音楽ライブリーの豊富さです。

番組の中で、毎日1曲ずつ自分の好みの曲をかけられるのですが、僕が選んだのはマイナーな曲ばかり。しかし5曲のうち3曲はYBC誇る10万枚近いというライブラリーの中にあったそうです。残り2曲はもちろん自分でCDを持っていきました。

感動したのがこのシングルレコード。

僕が高校生の時に聞いた、マイナーなバンドのデビュー曲です。ラジオの中では、これのB面の曲をかけてもらうので、これも是非聞いていただきたいと思います。

2021.04.01

ワクチン接種のシミュレーション

 山形新聞にも載っていましたが、日曜日に東根市のコロナウイルスワクチン接種のリハーサル(練習会)がありました。

市の集団予防接種に参加する医師・看護師などが参加して行われたのですが、自分のクリニックでやる予防接種とは違い、多くの方が集まる会場だと確かにリハーサルが必要なんだと実感しました。平日は午後の1時間ちょっとで接種を行う計画になっていますが、スムーズに流れるか否かは、始まってみないと何とも言えないという印象です。

東根市では、集団予防接種か各医院での接種するかを選択することができます。当院でも接種を行う予定ですが、まだ予約開始時期などははっきり決まっておりません。いずれにしても、早く接種できる方で選んでいただくのが良いかなと思います。

2021.03.25

ギプスはずれました

早くも骨折してから1か月が経ちました。当初の予定通り、今日でギプスが外れました。

側方サポートだけの装具になりました。

ギプスが外れたとはいえ、荷重するのはまだまだです。

毎日のようにギプスがすっぽり抜けてしまう夢を見るほど、早くギプスから抜け出したい気持ちでいっぱいでしたが、鎧が外れたようになると不安がいっぱいです。そして、少しは愛着がわいて、記念にもらって帰ろうと思ったギプスは、あっさりとゴミ箱に行っちゃったようです。

いずれにしても、まぁまぁ順調にいっているはずなので一安心。今日は久しぶりにゆっくり風呂に浸かれそうです。

2021.03.20

休日診療所

 今日は休日診療所の当番でした。

昨年から当番が回ってくるようになったので、今日でまだ3回目です。しかも、開業してからは初めてでした。

以前は冬季は風邪症状の患者さんがたくさん来たそうですが、今年はコロナの影響で、風邪症状で受診される方はかなり少ないようです。

お昼ご飯はスタッフの皆さんにお弁当を取ってもらいました。

今日は10人ほどの受診だったでしょうか。自分のクリニックでの診療と違う戸惑いはありますが、いろいろと勉強になる面もあります。

久々の自院以外での診療は、あっという間でした。

2021.03.16

お預け

 またまた早いもので、僕が骨折してからもう3週間が経過しました。

もちろん骨がしっかりつくまでにはまだまだ時間がかかりますが、ギプスの中に閉じ込められた生活がすでに3週間も経ったのかと思うと驚きです。

日曜日は10日ぶりに乗馬クラブに行きました。もちろん自分が乗れるわけもなく、娘の送り迎えです。

3週間前はまだだ雪がたくさん残っていて、部分的に馬場も悪かったんです。今はだいぶいい時期になってきて、乗れない自分がもどかしいです。

自分が乗るのは当分お預けで、送り迎え役になりそうです。

2021.03.09

気晴らし

今日はびっくりするほど天気が良くて、平日ながらどこかに出かけたくなります。

毎週のように乗馬に出かけていたから気づかなかったのですが、考えてみれば去年の9月に新潟の村上市に行ったのを最後に、全く県外に出ていません。

普段は院内で昼ご飯を食べることが多いのですが、今日はちょっと離れたコンビニまで出かけてみました。左足の骨折なので、車の運転に支障がないのが救いです。

抜けるような・・・とまではいかないですが、気持ちのいい青空です。思わず車を降りて写メを取りました。

 

周りの人から見れば、松葉づえで車から降りてきて、畑の写真を撮っているなんて異様かも知れませんね。

ただ、お昼休みにちょっとした気晴らしができたことは確かです。

2021.03.07

骨折の続報

早いもので僕が骨折してからもう2週間が経過しました。体調の悪いときは、時間が早く過ぎ去ってほしいと思うのですが、今の時期にもやらなければならないことがたくさんあり、痛しかゆしといったところです。

先ほど階段で2階に上がろうとしたときに、思い切りバランスを崩して思わず左足をついてしまいました。この2週間、きっちり非荷重を守ってきたのになんということだろうとがっかりします。慌ててレントゲンを撮りましたが、骨はずれておらずホッとしました。

今回の僕の骨折は足関節外果骨折と言います。

いわゆる外くるぶしの部分ですが、腓骨の骨折なのに「腓骨遠位端骨折」という言い方はあんまりしません。腓骨の中でもこの足関節周囲は特に大事な部分です。脛骨(太い方の骨)と一緒になって足関節を安定させる部分です。

腓骨には体重の六分の一ぐらいしかかからないと言われており、膝の近くや真ん中あたりで骨折した場合にはあまり大きな問題になりません。骨移植のために腓骨を切除することもあります。

ただ、この足関節を形作るところが骨折した場合には、手術になることも多いです。

そうは言われても、レントゲンを見慣れない方にはどこが折れているかよくわからないかも知れません。

この一枚でわかるでしょうか?

骨折後の2週間というのは非常に大切な時期です。2週間たつと骨融合が進んでくるため、最初の2週間でズレなければ手術しなくてもイケる、ということになります。

一方で、2週間以上が経過したのちにズレた場合、もちろん手術をしなければならない時もありますが、これが極めて大変。くっつき始めた骨をすべてきれいに剥がしてからもう一度、きれいに骨と骨を合わせて固定するのですが、時間がたてばたつほど骨折面がぴったり合わなくなります。

いやぁ、2週間経っただけに、それは絶対に避けたいところです。

初めてのギプス・非荷重生活なのでストレスはいろいろ溜まりますが、今の気分はいわば、どこかに閉じ込められている気分です。早く解放してほしい・・・そんな気持ちからか、ギプスからスルッと足がすっぽ抜けてしまう夢を見ました。

幸い、温かくなりつつ、天気もそれなりなのが救いですね。

2021.02.28

骨折しました

骨折したのをきっかけに、ホームページにブログを始めようと思いました。

診察の時にはなかなか話せない、他愛もない内容が多くなることと思いますが、気軽に聞き流していただければと思います。

受診に来られた方はもうお気づきと思いますが、僕は先週の日曜(21日)に落馬して骨折しました。

あまりひどい落ち方ではなかったのですが、たまたま着地したところで左足をひねってしまい、足関節外果骨折です。

乗馬を始めて4年近く経ちますが、練習できないほどの怪我は初めてです。3月にライセンス試験を受けられたらなぁと思っていたのでめちゃめちゃ残念なのですが、ほとんど転位なくオペもしないで治りそうなので、1日でも早く、後遺症なく治ることを目標にするのが賢明なのかもしれません。

整形外科医とはいえさすがに自分でギプスをまくことはできないので、他院を受診しました。そこの病院ではなんと、ギプスは3色あるのでどれがいいですか?と。

間髪おかずに、「さくらんぼクリニックなのでピンク色で」とお願いしました。

まぁその評価は、受診に来られた時にでも教えてください。

一か月は松葉づえ生活なので、診療の際にご迷惑をおかけすることも多いかと思いますが、休診ナシで頑張りますのでご理解のほどよろしくお願いします。

早いもので、昨年11月6日に開院して4か月が経ちました。院長はじめ、スタッフもまだまだ行き届かないところが多いと思いますが、地元のクリニックとしてお役に立てるように少しずつ成長していければと思います。

カレンダー

«8月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

フィード